HOME | 制作料について
 

作詞・作曲・編曲(アレンジ)の
制作料金について


 

制作料金の秘密を公開

 

コンタクト

 
弊社の音楽制作コンテンツの提供に関する価格について、 質問をいくつか頂くことがあります。

「音楽制作の価格相場がよくわからない」
「料金の基準などあるのでしょうか・・・」

など、たしかに音楽制作の価格って 一般的に知られていないですよね。
でもここでお伝えさせて頂きます。

弊社の制作料は、安いのは間違いないです !
でも、安すぎる制作料ではありません。
あくまでも市販作品、商用プロレベルのクオリティ第一主義です。
 
 
しかし曲制作の価格相場が何となくアバウトで謎だという方のために、あまり公開されていないであろう音楽制作の価格の秘密をお伝えしちゃいます。
 
 

1時間=1万円というプロの掟

 

ssl

あらゆるプロの世界には「1時間=1万円」の鉄則があります。

音楽の世界に限らず特殊な才能や技能を要する業界では鉄壁のルールとされています。意外と知られていないかもしれませんね。これを下回れば確実にクオリティに影響が出てしまうという厳格なデッドラインです。

音楽制作であれば、曲を制作する時間が10時間なら10万円、20時間なら20万円、30時間なら30万円が商用品質確保の限界制作料ということになります。レコーディングスタジオさんでボーカル録りをする場合もやはり同じくらいの料金相場になりますね。この計算が成り立たないくらい安い場合は非商用向けのアマチュア制作であることがほとんどです。

この予算相場を見てなんとなく高い気がするような、感覚としてよくわからないな、そう思われる方もいらっしゃるかと思いますが、僕らの普通の日常でもこの金銭感覚に接する機会は案外多いんです。

例えば、エステや美容サロンに行ったとして、プロのスタイリストに2時間施術してもらって2万円ほど、美容院でも同じくらいですね。
 
サロン
 
スーツのオーダーメイドなら5万円前後から10万円超、つまりデザイナーやクラフトマンによるスーツの製作に5時間かけてもらうか10時間かけてもらうと言い換えることが出来ます。この場合は材料費は別途ということになるでしょう。(ちなみに音楽制作に材料費の概念はありません。制作費のみです)
 
オーダーメイド
 
車をプロショップで車検やカスタムに出したらだいたい5万円から20万円くらい(つまり5時間から20時間の整備)、全塗装なら30万円(完成まで30時間)、
 
プロショップ
 
他にはビジネスや経営など専門的なコンサルタントのカウンセリングを5時間受ければ5万円ほど、税理士なら相談料が1時間あたりの相談料はやはり1万円となります。
 
このように様々な才能や技術の世界でも「1時間=1万円」の掟が見られますよね。


ただ弊社では事前に諸々ご相談の上、先に「制作時間(つまり総額の制作予算)」を確定してしまいます。

そうでないと時間が延びたら制作料が変わっていってしまいますし、依頼する側からしたら一番心配なことですからね。最初に総額の制作予算を確定してしまって、制作時間を決めて事前に制作プロセスを組み立てる方法を取らせて頂いております。

その確定した制作時間の中で、どのようなベストな制作方法で商用音楽として形にするかということを検討させて頂きます。

後になって勝手に、追加の時間が掛かったので追加料金を…ということは絶対にあり得ませんので、ご安心ください。

 
 

オンラインが予算削減のカナメ

 

オンライン


制作料は何となく決まっている訳ではありません。

使用機器、使用音源等の設備費、人件費、業務用ライブラリー等の利用費、 作曲料、編曲料、演奏料、マニピュレート料、レコーディング料、ミックス・マスタリング制作料などなど、 商用に向けた音楽制作に必要なプロセスから 算出されたものになります。

この中で最もかさんでしまい、最も削るべきなのは人件費なんです。

楽曲のクオリティに直接関係のない、 例えば楽器や音響機材の運搬、 アシスタント業務、 制作に直接必要のない事務業務、マネージャー業務など、 これらの無駄な人件費をバッサリと削れば、 楽曲品質を保ったまま もっと安く提供出来るわけです。

オンラインベースで データや音源をやり取りすれば確実なので、 専門知識もあやふやな担当者が 打ち合わせに出向く必要もありません。いまや当たり前のオンライン。実はこれが最も革命的に音楽制作の予算を下げたとも言えます。人件費が圧倒的に掛からないですし、メールやデータでやり取りした方が逆に正確で確実な時代になりましたからね。従来の打ち合わせを経る制作も、オンライン完結型も、楽曲品質に差はまったくありません。1ミリも差はないです。予算が掛かってしまっても顔合わせをしたいという場合は別ですが、予算は安いに越したことはないですもんね。
 
かつては人件費が 制作料を跳ね上げてしまう大きな要因でもありました。 

そして、高いクオリティは維持したまま、 限界まで無駄を削ぎ落としたのが、 弊社の制作料になります。

その安さの理由は、 ベンチャー企業や異業種の大企業、 個人レベルのミュージシャンからプロアーティストまで、 様々な人たちの想いを 大事にしたいからです。

音楽に投資できる金額には限界があると思います。 だから出来るだけ商用音楽としては、 可能な限り 安くご提供させてもらっているんです。


これまで手の届きにくかった 商用音楽の世界をもっと身近に出来ないかというのが、 ネクスト・デザインの大テーマです。

いつまでこの価格でご提供できるかはわかりませんが、 ひとりでも多くの人の力になれればという想いから 生まれたのが、 ネクスト・デザインという音楽制作会社なのです。
 
 

 
 
 

 

制作依頼全般

 

  

音楽活動TIPS

 

 

過去記事